25年税制税制改正による相続税の増税が、いよいよ始まりました。

 27年1月1日以降、相続税の基礎控除が40%カットされたためです。
   基礎控除     5,000万円 ⇒ 3,000万円
   相続人一人当たり 1,000万円 ⇒   600万円

 諸控除の若干の手直しを見込んでも、低階級に関しては大幅な増税になります。

 相続税の課税人員は、25年においては、年間死亡者127万人に対し、相続税の課税対象になった被相続人数は5万4千人で、課税人員の割合は4.3%でしたが、今回の基礎控除のカットで、課税対象人員は大幅に増加し、その割合は都市部で15%になるとも言われています。

 現に、今依頼を受けている相続事案でも、26年であれば税額は0円であるのに、約1百万円の納税が発生しています。

 相続税は金持ちにしかかからないと思っている「あなた」、一度「資産」を「試算」してみてはいかがですか。