2014年1月からはじまったNISAの概要と現在の利用状況等について

NISAとは、少額投資非課税制度 Nippon Individual   Saving   Account の

頭文字からきています。

英国のISAをモデル 英国民の約40%が利用

 

利用:満20歳以上

上限枠:年間120万円

期間:5年間 (2014年~2023年)

最大投資金額:120万円×5年=600万円

商品:株式、投資信託、ETF、REIT

2018年3月末までのNISA口座数は、1,117万口座で、

2014年1月からの買い付け総額は約13兆8,288億円となりました。

口座開設の7割は50代から80代の方で、積立NISAは20代から40代の若い層が7割を占めているそうです。

ちなみに、iDecoは加入者は90万人とのことです。(金融庁HPより)

 

メリット

  1. 非課税
  2. 対象商品が多い(株式・投資信託・ETF・REIT)
  3. 口座管理料なしがほとんど
  4. 購入手数料無料がほとんど
  5. NISA口座内で積み立てできる(毎月10万円×12ヶ月=120万円)
  6. いつでも自由に購入、解約できる
  7. iDecoとの併用可
デメリット

 
  1. 期間が5年
  2. 損益通算できない
  3. 繰越控除できない
  4. 今年100万円の枠を利用。 今年の残りの20万円を来年に繰越して利用できない
  5. 積立NISAとの併用不可