金投資には色々な方法がありますが、オーソドックスな2つを紹介します。

ひとつは、「純金積立」といわれるものです。

田中貴金属や三菱マテリアルなどの会社が取り扱っています。

毎月一定額を決めて預金口座から引き落とされて、購入していく方法です。

3,000円くらいから始められるのでとても気軽にできます。

また、等価交換といって、自分の純金積立口座内の金を売却して、アクセサリーなどに

交換することも可能です。

購入する時も消費税がかかりますが、売却するときも消費税分上乗せされるので、

消費税5%で購入したものを、消費税が10%の時に売却すると、

消費税だけを考えたら単純に5%の差益になります。

もう一つは、「金ETF」です。

金の価格に連動した上場投資信託なので、株式の売買のように取引できるものです。

5,000円くらいから始められます。

また、金の値動きは株式や不動産、債券などと違う値動きをするので、

リスク分散の意味合いからも資産の一部を金に投資するのはベターといえます。

このように、金投資は少額からはじめらるのでとても手軽な投資といえるでしょう。

10年以上コツコツと積立をしていたら、いつの間にかちょっとした資産になっている

可能性があります。

もちろん、他の投資と同じように元本保証のものではないのでその点だけはお忘れなく。