今日は、株主優待についてです。

株主優待制度は企業が個人株主に長期保有してもらい、株価の安定を図る目的に重点を置いているので、

年々内容が充実してきています。

自社の商品、お店や施設で使える優待券や割引券、商品券、お米券、プリペードカード、などなど、

なんで、この企業がこんな株主優待を?というような、本業とは全く関係ない優待制度を扱っている企業もあります。

日常生活でよく利用するお店で安く利用できたり、商品をゲットできたりするので、株式を保有するお得感を実感できます。

ただし、株価は低迷していても、株主優待制度がお得感満載なところもあります。

株主優待制度だけに目がいって、本来の企業業績、株価を全く気にしないのは本末転倒と考えます。

株主優待にひかれても、やはり本業がうまくいっているのか、株価はどうなのかもチェックしてから、購入しましょう。

また、株主優待(配当も同様)を受けるためには、権利確定日というのがあり、その日に株主名簿に記載されていることが、

条件です。

その為には、権利確定日の3営業日前までに、その株を購入することになります。

株主優待も株式投資の楽しみの一つです。忘れたころに商品が届くと、「そうだった、ここの株、持ってたんだ」

と再認識します。