運用を開始する際に金融機関で開設する一般口座と特定口座について表にしてみました。

<一般口座と特定口座>

メリット

デメリット

 

 

一般口座

 

 

年間利益が20万円未満なら何もする必要がなく丸儲け
 

年間の利益が20万円を超えたら確定申告が必要

確定申告の際、年間取引報告書を自分で作成しなくてはならない
 

 

 

 

特定口座

(源泉徴収あり)

 
 

証券会社が年間取引報告書を作成してくれる

年間利益が20万円を超えても基本的に確定申告の必要はない

確定申告をしなくていいので扶養から外れる心配がない

どんなに利益を上げても健康保険料が増えることはない
 

 

 

年間利益20万円未満でも証券会社で引かれた源泉徴収税は戻ってこない

 

利益が出ると即座に源泉徴収されるため資金効率が悪い
 

 

特定口座

(源泉徴収なし)

 
 

証券会社が年間取引報告書を作成してくれる

年間利益が20万円未満の場合「源泉徴収あり」のような税金の払い損がない
年間利益が20万円を超えると確定申告を行い税金を納める必要がある

利益の額によっては扶養から外れてしまう場合もある

確定申告をすると健康保険料が増える
まとめると、年間取引報告書を作成してくれる特定口座(源泉徴収なし)か特定口座(源泉徴収あり)のどちらかの選択になるでしょう。

扶養や健康保険を考慮するなら、源泉徴収ありを選択すべきですが、年間の利益が20万円未満であると言い切れるなら、源泉徴収なしを選択してもいいでしょう。