公的年金と自分年金で安心を用意する

老後資金2000万円の記事が今もまだ、あちらこちらでにぎわっています。

皆さんご自身は老後資金について準備はされていますか。

 

〇公的年金のみで生活するのはむずかしい

公的年金のみで現在生活されている方もいらっしゃるとは思いますが、

各ご家庭の生活費はまちまちなので夫婦2人で20万円の方も、25万円の方も、

いやうちは18万円で何とか生活費を抑えているよ、とおっしゃるかたもいることでしょう。

しかし、これから年金をもらう方が公的年金のみで全ての生活費を補おうとするのは、

いささか無理があると肝に命じるべきです。

 

〇公的年金の原資は現役世代から

そもそも日本の公的年金は賦課方式を採用しているので、

現役世代の徴収保険料が原資になっています。

現役世代の減少及び年金受給者の増加、更に寿命の長期化の影響で、

将来の年金支給額が現在の支給額を下まわるのは確実でしょう。

よって、今の現役世代が準備すべきことは、

公的年金の補完として自分年金を用意しておくことです。

 

〇現役世代の対策とは

若い世代は何十年もの長い時間を味方につけて、

積立NISAやイデコを活用することをお勧めします。

また、中高年の方でも公的年金受給までの数年もしくは十数年の間に、

少しでも自分年金を用意すべく預金もしくは運用の必要があります。

自分年金の準備を早め早めに取り掛かれば、将来への不安や心配も軽減されることでしょう。

まだ、何も手を付けていない方は、最初の一歩を踏み出しましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です